井上ひさしは社会に対して積極的に行動し、発言しました。コラムやエッセイに書き、インタビューや講演で語ったことばの中から<今を考えるヒント>をご紹介します。

  2007年11月22日
社団法人自由人権協会(JCLU)創立60周年記念トークショー
聞き手:山田健太さん(JCLU事務局長)

「憲法」を熱く語ろう(2)

井上  日本国憲法っていうのはべつに日本人が発明したわけでもなくて、日本人も人類の一員ですから、人類が圧政や奴隷制とかいろんなことに苦しんで苦しんで闘って、人間として必要なものを少しずつ獲得してきたその歴史の塊が憲法です。奇跡的に、たまたま日本に人類の英知、それまでの血と汗と涙、それから命を固めたいろんな価値がここに集まっちゃったわけです。だから、この憲法は、たとえ日本人に冷たくされて、「あれは床の間に上げとけ」とか黙視されたりしたとしても、孝行息子のように静かに、南極条約を決め、ラテンアメリカ条約とかも決め、地球の半分以上を非核兵器地帯にしたんです。日本国憲法がこれまでやったことを数えたら、南極条約、宇宙条約、海底非核化条約、ラロトンガ条約とあり、それで中米と南米二十何カ国、南太平洋、アフリカ大陸、東南アジア、南極、海底、それから大気圏を抜けた宇宙空間すべて非核兵器地帯になっているんです。僕はいつも地球儀に赤で非核兵器地帯になったところを塗っていくわけです。そうすると、地球の6割近くがもう核兵器の使えない地帯になっているんですよ。それらの条約を詳しく読んでいくと、必ず前文にあたるところで日本国憲法の前文のどこかがちゃんと引用されてるんですね。くどくなりますけれども、この憲法には人類が、人間が苦しんで獲得した様々な知恵とか権利とか、そういうことが一気に流れ込んじゃったものですね。

山田  では、これから僕らはどうしていけば……。

井上  ナチスドイツが、つまりヒトラーが国内からユダヤ人がいなくなればドイツは素晴らしい国になるという演説をする、独裁者というのは必ず国内に敵をつくるんですよ。つまり国民を同じ方向へ持っていくためには必ず国内に一つ悪者をつくるわけです。それから、国外にも悪者をつくるんです。僕はどうもタバコがそうじゃないかと思うんですよね(笑)。この10年間の統計でタバコを吸う人はちょうど半分に減ったんです。けれども、一斉に灰皿が消えていくって、これは恐ろしいですよ。ある日突然、喫茶店からレストランから建物から一切消えていく。これね、タバコだったらまだいいんですよ。ひとに迷惑をかけないように吸えば、自分の運命は自分で決めているわけですからね。ほかの何かだったら大変ですよね。つまり、タバコのいい悪いよりも一斉にやめていくというのが怖いんです。国の雰囲気がキューッと変わってしまうというのはすごく怖いんですよ。それは、僕が体験した8月15日、夏休みが始まる前に国民学校の校長先生が黒板に「撃ちてし止まむ」とか書いて、夏休みの間に戦争が終わっちゃう。で、新学期になったら「これからは民主主義だ」みたいなことを書くわけでしょう(笑)。一気に変わっちゃうんですよ、世界が。これが僕は怖いんです。
  昨日の生活が今日も続いて明日も続きながら、少しはいろんなことがましになっているというのが僕は平和だと思っているんです。そのために、私たちは常にこれまでどうも否定形で「するべからず」「守れ」、つまり武器を持たないとか、戦争をしないとか、常に否定形でいろんな運動を進めてきたような気がするんです。でもこれからは、肯定的に「する」ほうへ、半歩でも前へ進まないとだめだな、本当にわずかに進むために前へ出ていくしかない。非常に抽象的ですけれども、それ以外もうないだろうと。つまり、憲法を守るということをやりながら、実は憲法を実現していく。たとえば、ジュネーブ条約の第59条無防備地区。紛争当事者が、戦争をしている者同士が、無防備地区を攻撃することは手段のいかんを問わずこれを禁止する。無防備地区になる条件は、
  ・都市なら都市に全ての戦闘員がいない、
  ・移動可能な兵器は全部外に出ている。
  ・固定された軍事施設というのはあっても使われないようにする、
  ・市民が戦う意思がない。
  この4つの条件を満たすと無防備地区になれるわけです。ここを攻撃すると国際法上の犯罪になるわけです。
例えば藤沢市、それから鎌倉市が横須賀を無防備地区で取り囲んだらどうなるかということを、憲法の9条を守るということと同時にやっていかないといけない。もう受け身一方、「守る」「するな」というのは疲れたわけです。憲法を守るというよりも、憲法をもって前へ進む、まともな前進をしたいという気が起きて、私たちは今住んでるところでそれをやっているわけで、議会と首長、市長、町長、村長をウンと言わせなきゃいけませんから、ふだんの選挙から大事になってくるわけです。そういうことを、これは国際条約ですから世界あちこちで準備が始まっています。オレたちはもう戦わないという意思が尊重される時代が実は始まっているんです。守ったりなんかするんじゃなくて、こっちからやっていこうという時期がもうきている。ですから、日頃の生き方の中に、公平さや平和というものを含んだ生き方をして、毎日大変だけど前へとにかく行こうというふうに切り換えたいと、私はそう思っています。

JCLUNewsletter「人権新聞」改題
通巻第365号2008年2月号に掲載

    

前へ<    1 ,2