井上ひさしは社会に対して積極的に行動し、発言しました。コラムやエッセイに書き、インタビューや講演で語ったことばの中から<今を考えるヒント>をご紹介します。

NEW!
  1996年

本と精神分析

  子供にとって、楽しいことは他にもたくさんあります。テレビゲームをやったり、サッカーや野球とか、そういう楽しみももちろん大切だけれど、本を読んで物語のなかへ浸かるということは子供にとってはかけがえのないものなんですね。
  子どもは、社会で体験することは最初は初めてのことばかりですから混沌としてわけが分からない。それをどう受け入れていくかというと、自分の知ってる物語にあてはめて整理していくんですね。そうやって無秩序な状態をなんとか自分の手におえるように整理するわけです。
  たとえば「ロビンソン・クルーソー」を読むことによって、生きていく上で仲間がいることがいかに大切かを知る。「宝島」を読めば、自分の大事なもののためには戦わなきゃいけないということを知る。しかも、腕力でかなわなくても、知恵を使って戦うという方法があるということを学ぶ。
  そうやって本を面白がって読んでいくうちに、混沌とした周囲がある形で見えてくる。どんなことがあったって知恵を働かせて生き抜いていこうという勇気が出てくる。
  子供だけじゃありません、大人も同じですね。いま、「21世紀はどうなるか」といった本がずいぶん売れています。あるいは、脳の本がベストセラーになる。結局、小説であれエッセイであれ論文であれ、周囲の無秩序で訳の分からないところを整理してくれる本を、人々は必ず要求してるわけです。
  本をよむことと精神分析というのは、とてもよく似ているんじゃないでしょうか。 精神が不安定になったとき、精神分析医にかかって、横になって先生に自分自身のことを語っていく。精神分析医は、ある意味では作家なんですね。話を聞きながら、その人を主人公にしたひとつの物語を作り上げる。あなたがいま不幸なのは、あの出来事が第一の伏線であり、第二の伏線があそこにある......、などと患者が体験したことを整理して物語にしてあげると、患者は癒されていくんですね。
  自分の悩みや苦しみを、ひとつの物語として捕まえる、物語の力を借りてそれを理解し、自分の手の内に入れる。それが精神分析ではとても大きな役割を果たしているようです。(中略)
  僕自身、思い返していちばんよかったなと思うのは、高校時代に半分投げ出しながらも、とにかく日本文学全集や世界文学全集を片っ端から読んだことですね。後になって、この読書体験はとても役に立っています。図書館の中には、人間が遭遇する物語のパターンがすべて揃っていたわけです。それを手掛かりにして、大学へ行き社会に出たということが、どれだけ僕を助けてくれたことか。

「子供を本好きにするには」の巻 より抜粋
『本の運命』(文春文庫)に収録


    

Lists

 NEW!
 1996年
本と精神分析
「子供を本好きにするには」の巻 より抜粋
『本の運命』(文春文庫)に収録


 2007年執筆
政治家の要件
『ふふふふ』(講談社文庫)に収録


 2001年執筆
世界の真実、この一冊に
『井上ひさしの読書眼鏡』(中公文庫)に収録


 戯曲雑誌「せりふの時代」2000年春号掲載
日本語は「文化」か、「実用」か?
『話し言葉の日本語』(新潮文庫)より抜粋


 1991年11月「中央公論」掲載
魯迅の講義ノート
『シャンハイムーン』谷崎賞受賞のことばより抜粋


 2001年8月9日 朝日新聞掲載
首相の靖国参拝問題
『井上ひさしコレクション』日本の巻(岩波書店)に収録


 1975年4月執筆
悪態技術
『井上ひさしベスト・エッセイ」(ちくま文庫)に収録


 講演 2003年5月24日「吉野作造を読み返す」より
憲法は「押しつけ」でない
『この人から受け継ぐもの』(岩波現代文庫)に収録


 2003年談話
政治に関心をもつこと
『井上ひさしと考える日本の農業』山下惣一編(家の光協会)
「フツーの人たちが問題意識をもたないと、行政も政治家も動かない」より抜粋


 2003年執筆
怯える前に相手を知ろう
『井上ひさしの読書眼鏡』(中公文庫)に収録


 1974年執筆
謹賀新年
『巷談辞典』(河出文庫)に収録


 2008年
あっという間の出来事
『ふふふふ』(講談社文庫)に収録


 2008年
わたしの読書生活
『ふふふふ』(講談社文庫)に収録


 2001年
生きる希望が「なにを書くか」の原点
対談集「話し言葉の日本語」より


 2006年10月12日
日中文学交流公開シンポジウム「文学と映画」より
創作の秘儀―見えないものを見る


 「鬼と仏」2002年執筆
講談社文庫『ふふふ』に収録


 2006年5月3日 <憲法制定60年>
「この日、集合」(紀伊國屋ホール)
“東京裁判と日本人の戦争責任”について(1)~(5)


 「核武装の主張」1999年執筆
中公文庫『にほん語観察ノート』に収録


 「ウソのおきて」1999年執筆
中公文庫『にほん語観察ノート』に収録


  2007年11月22日
社団法人自由人権協会(JCLU)創立60周年記念トークショー
「憲法」を熱く語ろう(1)~(2)


 「四月馬鹿」2002年執筆
講談社文庫『ふふふ』に収録


 「かならず失敗する秘訣六カ条」2005年執筆
文藝春秋『「井上ひさしから、娘へ」57通の往復書簡』
(共著:井上綾)に収録


 「情報隠し」2006年執筆
講談社文庫『ふふふふ』に収録


 2008年3月30日 朝日新聞掲載
新聞と戦争 ―― メディアの果たす役割は
深みのある歴史分析こそ


 2007年5月5日 山形新聞掲載
憲法60年に思う 自信持ち世界へ発信