井上ひさしは社会に対して積極的に行動し、発言しました。コラムやエッセイに書き、インタビューや講演で語ったことばの中から<今を考えるヒント>をご紹介します。

  1991年11月「中央公論」掲載
『シャンハイムーン』谷崎賞受賞のことばより抜粋

魯迅の講義ノート

  魯迅の五十六年の生涯を貫くものの一つに「一般論は危険だ」という考え方があったのではないかと、私は思う。「日本人は狡猾だ」、「中国人は国家の観念がない」、「アメリカ人は明るい」、「イギリス人は重厚だ」、「フランス人は洒落ている」という言い方は避けよう。日本人にも大勢の藤野先生がいる。中国人にも売国奴がいる。日本人はとか、中国人はとか、ものごとを一般化して見る見方には賛成できない。彼の膨大な雑感文には、この考え方がつねに流れている。火事場泥棒風に中国大陸に「進出」してくる日本を彼は心底から憎んだ。がしかし、晩年の九年間、国民党政府の軍警の目を避けるために、郵便物の宛先を内山完造が経営する書店にしていた。百四十の筆名を使って書き分けていた雑感文の原稿料の振込み先も内山書店だった。また、彼は五つも六つも病気を抱え込んでいたが(とくに胃をひどく損ねていた。少年時代から青年時代にかけて、唐辛子を食べすぎたのが病因の一つになっていたにちがいない)、主治医も日本人の須藤五百三(いおぞう)だった。京彪之助(ひょうのすけ)さん(福井県立短期大学教授)の調査によると、須藤医院の、≪昭和十四年ごろ一日の患者数は一四〇人ないし一七〇人であった。≫(「須藤五百三――魯迅の最後の主治医」福井県立短期大学研究紀要第一〇号、昭和六十年三月)
  かなり流行っていた病院であると思われるが、須藤院長は熱心に魯迅のところへ往診にでかけている。日に二度も魯迅を診て、過労から引っくり返ってしまったこともあったらしい。魯迅の絶筆は内山完造に宛てた走り書きの手紙であるが、それにはこう(したた)めてある。
  「……お頼み申します。電話で須藤先生に頼んでください。早速みて下さる様にと」
  それから、魯迅のデスマスクをとったのも奥田愛三という日本人の歯科医だった。このように、臨終近い魯迅の周辺を日本人が守り固めていたのである。抗日統一戦線の政策を支持しながらも、良質の日本人がいることを知っていた魯迅も立派だが、当時の日本人の合言葉「不潔なシナ人」にとらわれることのなかったこれらの日本人もまた立派だった。

『井上ひさしベスト・エッセイ』(ちくま文庫)に収録

    

Lists

 NEW!
 戯曲雑誌「せりふの時代」2000年春号掲載
日本語は「文化」か、「実用」か?
『話し言葉の日本語』(新潮文庫)より抜粋


 1991年11月「中央公論」掲載
魯迅の講義ノート
『シャンハイムーン』谷崎賞受賞のことばより抜粋


 2001年8月9日 朝日新聞掲載
首相の靖国参拝問題
『井上ひさしコレクション』日本の巻(岩波書店)に収録


 1975年4月執筆
悪態技術
『井上ひさしベスト・エッセイ」(ちくま文庫)に収録


 講演 2003年5月24日「吉野作造を読み返す」より
憲法は「押しつけ」でない
『この人から受け継ぐもの』(岩波現代文庫)に収録


 2003年談話
政治に関心をもつこと
『井上ひさしと考える日本の農業』山下惣一編(家の光協会)
「フツーの人たちが問題意識をもたないと、行政も政治家も動かない」より抜粋


 2003年執筆
怯える前に相手を知ろう
『井上ひさしの読書眼鏡』(中公文庫)に収録


 1974年執筆
謹賀新年
『巷談辞典』(河出文庫)に収録


 2008年
あっという間の出来事
『ふふふふ』(講談社文庫)に収録


 2008年
わたしの読書生活
『ふふふふ』(講談社文庫)に収録


 2001年
生きる希望が「なにを書くか」の原点
対談集「話し言葉の日本語」より


 2006年10月12日
日中文学交流公開シンポジウム「文学と映画」より
創作の秘儀―見えないものを見る


 「鬼と仏」2002年執筆
講談社文庫『ふふふ』に収録


 2006年5月3日 <憲法制定60年>
「この日、集合」(紀伊國屋ホール)
“東京裁判と日本人の戦争責任”について(1)~(5)


 「核武装の主張」1999年執筆
中公文庫『にほん語観察ノート』に収録


 「ウソのおきて」1999年執筆
中公文庫『にほん語観察ノート』に収録


  2007年11月22日
社団法人自由人権協会(JCLU)創立60周年記念トークショー
「憲法」を熱く語ろう(1)~(2)


 「四月馬鹿」2002年執筆
講談社文庫『ふふふ』に収録


 「かならず失敗する秘訣六カ条」2005年執筆
文藝春秋『「井上ひさしから、娘へ」57通の往復書簡』
(共著:井上綾)に収録


 「情報隠し」2006年執筆
講談社文庫『ふふふふ』に収録


 2008年3月30日 朝日新聞掲載
新聞と戦争 ―― メディアの果たす役割は
深みのある歴史分析こそ


 2007年5月5日 山形新聞掲載
憲法60年に思う 自信持ち世界へ発信