新潮社創業120周年を記念して、新潮社写真部のネガ庫に保管されている写真の中から、50人の作家の素顔が紹介されています。 井上ひさしの写真は貴重な入浴シーンです。

2017年4月1日(土)~5月31日(水)諏訪市原田泰治美術館(長野県)
2017年4月8日(土)~7月17日(月)仙北市新潮社記念文学館(秋田県)
新潮社創業120周年記念写真展 新潮社創業120周年記念写真展


遅筆堂文庫企画展  『井上ひさしと戯作』
○期間  2017年2月14日(火)~2017年5月28日(日)
○会場 遅筆堂文庫井上ひさし展示室
        (山形県川西町フレンドリープラザ内
*入場無料
筆堂文庫企画展『井上ひさしと戯作』


2016年6月4日、郷土が生んだパイオニアたちを顕彰する「アルカディア人物館」が川西町に開館。
“顕著な業績を残した5人”の中に井上ひさしが選ばれました。

・「交流館あいぱる」川西にオープン 町の偉人や文化紹介、井上ひさしさんの蔵書も /山形(毎日新聞 2016.7.1)
・「川西町交流館あいぱる」開館式典、リレートーク(米沢日報デジタル 2016.6.16)


十二人の手紙』が週刊文春の〈文春図書館〉に紹介されました。
  週刊文春WEB「究極の徹夜本!」
  超絶技巧を駆使したキレッキレのミステリー


井上ひさしが自作を語る

新潮社ホームページが読者サービスとして公開している「リアルボイス 作家自作を語る」の中で
『吉里吉里人』(1981年)、『自家製文章読本』(1984年)刊行当時の井上のコメントを音声でお聴きいただけます。

♪井上ひさしが自作を語る


文藝春秋「オール讀物」2016年4月号
「井上ひさし幻の戯曲原稿『讃血亞護(サンチアゴ)騎士団長』 全文公開」

*元・担当編集者 鈴木文彦氏の解説あり
 
井上ひさしが大学時代にフランス語戯曲を翻訳した生原稿が見つかりました。
朝日新聞デジタル「井上ひさし、若き日の翻訳発見 ペン書き原稿用紙87枚」2016/03/20

関連記事 本の話WEB


「井上ひさし短編中編小説集成」全12巻(岩波書店)
・未収録の62作を含めた短編中編小説のすべてを発表年順に収録
・各巻末に、今村忠純氏による解説・解題
「井上ひさし短編中編小説集成」全12巻が完結

・和田誠氏の装丁による函入りの愛蔵版


「吉里吉里忌」公式サイト