井上ひさしは社会に対して積極的に行動し、発言しました。コラムやエッセイに書き、インタビューや講演で語ったことばの中から<今を考えるヒント>をご紹介します。

  1999年11月7日 読売新聞日曜版に掲載
核武装の主張
大川興業 今度の(パキスタンの)クーデターでインドとパキスタンの間で核戦争の危機が叫ばれていますが、やっぱり危険な状態なんですか?西村真悟(防衛庁政務次官) いや、核を両方が持った以上、核戦争は起きません。核を持たないところがいちばん危険なんだ。日本がいちばん危ない。日本も核武装したほうがええかもわからんということも国会で検討せなアカンな。「週刊プレイボーイ」十一月二日号
  これが辞任劇にまで発展した西村衆議院議員(自由党)の問題発言です。このあと西村議員はこうつづけています。〈核とは「抑止力」なんですよ。強姦ごうかんしてもなんにも罰せられんのやったら、オレらみんな強姦魔になってるやん。けど、罰の抑止力があるからそうならない。周辺諸国が日本の大都市に中距離弾道ミサイルの照準を合わせておるのであれば、我々はいかにすべきなのがということを国会で論議する時期に日本もきているんです。(社民党が反対するはずと聞かれて)まあ、アホですわ、あんなもん。何を言うとんねんと。だからボク、社民党の女性議員に言うてやった。「お前が強姦されとってもオレは絶対に救ったらんぞ」と。
  ……集団的自衛権は「強姦されてる女を男が助ける」という原理ですわ。〉
  長々と引用したのは、共通日本語を使うときは少しは冷静で手続き論など開陳するのに、方言では暴走気味に本音を吐いてしまう様子が対照的でおもしろかったからです。
  この発言を読んで二つの感想を抱きました。一つは「強姦してもなんにも罰せられんのやったら、オレらみんな強姦魔になってるやん」という個所に、人間をそう安く見積もられてはかなわないと、小さな義憤をおぼえました。君子ぶるわけではないが、わたしと君とはちがう。「みんな」という大切な副詞をそう勝手に振り回してもらっては困る。同時に「かに甲羅こうらに似せて穴を掘る」というたとえも思い浮かべました。この御仁ごじんは、自分が強姦魔予備軍だから他人ひとまでそうだと思い込んでいる。し難いとはこのことです。
  第二の感想は「核とは『抑止力』なんですよ」という一行についてのもので、一九四五年の夏、アメリカは三発の原子爆弾を製造しました。最初の一発は実験場で爆発してトルーマンとチャーチルをよろこばせ、あとの二発はヒロシマとナガサキで三三万三六七四人の命を奪った(一九九九年八月九日現在)。以来五十有余年、例の抑止力理論なるものの後押しによって、核保有国の核弾頭は五万発にも達しています。その総爆発力は、高性能火薬に換算して二百億トンに相当します。これを世界人口で割ると……、地球上の人間はそれぞれ一人当たり三・三トン強の高性能火薬を背負って生きていることになる。この、悲惨すぎて滑稽こっけいに思えるほどの現実が、じつはそのまま抑止力になっている。この三・三トン強の高性能火薬を少しでも減らしてゼロに近づけなければという人類(一部の政治家、企業家、そして学者を除く)の無意識のうちの願いこそが抑止力なのです。
  なによりも、ヒロシマやナガサキの被爆者の方がたを軸とした世界的な反核運動のつよさが、これまでに何回も核保有国の核使用を抑えてきました。わたしはこれからも、こっちの方の抑止力にけようと心に決めながら、西村発言を読みました。
(一九九九年十一月七日)

『にほん語観察ノート』(中公文庫)に収録